【人気占い師紹介】横山玖汪先生を徹底取材|口コミ・詳細を調査しました。

横山玖汪先生

横山玖王先生は、四柱推命・気学・断易を得意とする、鑑定歴25年のベテラン占い師です。

横浜市保土ケ谷区にある【KIKCAFE・占い茶屋】で、対面鑑定を行っている横山玖王先生。

リピート率90%以上の横山玖王先生の鑑定は、分かりやすく的確だと、男女年齢問わず人気です。

電話占い探偵団

今回は、横山玖汪先生の口コミ・評判などを紹介していきます。

横山玖汪先生のプロフィール横山玖汪先生

横山玖汪先生の鑑定の特徴

頼りになる

説得力がある

分かりやすく的確

気さく

元気になれる

ハキハキした話し方

性別 女性
鑑定歴 25年
得意な占術 四柱推命・気学・断易
得意な相談内容 仕事・人間関係・恋愛
鑑定料金 3000円/30分
鑑定方法 対面鑑定
連絡先 「占い茶屋」HP
https://ikikatabijin.wixsite.com/ikikatabijinyokohama/uranaicyaya

徹底調査!横山玖汪先生の詳細

横山玖汪先生は、四柱推命・気学・断易で鑑定を行う、ベテラン占い師です。

横浜市保土ケ谷区のKIKCAFEの中にある「生き方美心・占い茶屋」で、定期的に鑑定を行っています。

横山玖汪先生は、横浜ベイシェトランにある東洋運命学易断本部で鑑定を行うなど、素晴らしい経歴を持っています。

師範の資格を持つ横山玖汪先生の断易鑑定は、相談者を深く読み解き、確実に悩み解決へと導いてくれるでしょう。

断易とは、易の形を借りた干支術とも呼ばれ、五行や陰陽の関係性によって物事の吉凶を読む占術です。

様々な占いの中でも複雑な占術で、独自の計算などを使用するため、確かな知識と経験を必要とします。

横山玖汪先生の断易鑑定では、物事の吉凶をはっきりと判断し、吉凶が実現する時期などが明確になるのです。

「運気が悪くても対策を間違えなければ回避できることがある」という横山玖汪先生は、道に迷った相談者に寄り添い、現状を好転させるアドバイスをしてくれるでしょう。

横山玖汪先生の対面鑑定は、KIKCAFEの店内で行うため、ゆったりとした時間を過ごしなら、落ち着いて鑑定を受ける事が出来ます。

鑑定の詳細やKIKCAFEのお店の雰囲気などはHPで確認できるので、興味のある方はご覧ください。

参考 横山玖汪先生HP保土ヶ谷コワーキングカフェKIKCAFE「占い茶屋」

横山玖汪先生の口コミ・評判

利用者

シェラトンホテルでも鑑定していたという事で、しっかりとした占い師さんかと思い鑑定をお願いしました。想像した通り、統計学的な要素と問題に寄り添ってくれるお母さん的な愛情を感じました。会社を辞める事に不安でしたが、退職願いの日時まで出して頂き、円満退社ができ次にすすむ事が出来ました。

利用者

一度鑑定して頂いたデーターを元にリピーターになりました。恋愛から婚活まで、よくない事はよくないとはっきり伝えてくれるので、迷いが解けました。相性が悪くても、どう対応していけば良いかなどアドバイスも頂けます。人生の先輩として頼りになります。

利用者

連絡が取れなくなった友人が心配で断易でみてもらいました。詳細が明確に出てビックリ。断易は初めてだったのですが、とても不思議な感覚になりました。色々な占術を持っている先生なので、どんな悩みにも対応してくれます。はっきりなんでも言ってくれる事、どこか人間味溢れる横山先生は人生のサポーターです。

横山玖汪先生はこんな方にオススメ

こんな方にオススメ
  1. 運命が変わる時期が知りたい
  2. 良い悪いの判断をしてほしい
  3. 易鑑定のプロに見てもらいたい
  4. 分かりやすく丁寧な鑑定が受けたい
  5. 人生経験豊富な鑑定師に見てもらいたい

横山玖汪先生は、断易・気学・四柱推命で鑑定を行う占い師です。

相談者の状況に合わせ、多角的に占うことができる横山玖汪先生。

得意な相談内容は、仕事・人間関係・恋愛の悩みなど、多岐に渡ります。

断易をはじめ、複数の占術で相談者の現状や物事を読み解き、問題への対処法をアドバイスしてくれます。

横山玖汪先生の人気の秘訣は、丁寧で分かりやすい鑑定です。

丁寧で分かりやすく話す、横山玖汪先生の鑑定は、相談者の未来を好転させるキッカケとなるでしょう。

良いか悪いかハッキリした答えが欲しい方に、横山玖汪先生はおすすめです。

確かな占い技術を持つ先生の鑑定を受けたい方は、横山玖汪先生の鑑定をお試しください。

電話占い探偵団

今回、横山玖汪先生の口コミ・評判などを紹介しました!横山玖汪先生の鑑定に興味がある方は、HPをご覧ください!

【横山玖汪先生】HP

【保土ヶ谷コワーキングカフェ  KIKCAFE】HP

【横山玖汪先生】のインタビュー記事はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です