秋田工業高等専門学校 秋田工業高等専門学校
秋田工業高等専門学校
前のページに戻る TOPページへ戻る 秋田工業高等専門学校
|掲載日 2016/06/23|掲載内容有効期限 ----/--/--|担当者 企画室企画係|
秋田高専教育研究支援基金

秋田工業高等専門学校教育研究支援基金要項

 (設置)
第1条 秋田工業高等専門学校(以下「本校」という。)に,秋田工業高等専門学校教育研究支援基金(以下「基金」という。)を置く。 

 (目的)
第2条 基金は,本校の教育研究活動を支援し,もって人材育成及び社会貢献に資することを目的とする。

 (事業)
第3条 基金は,前条の目的を達成するため,次の事業を行う。
 (1) 本校の教育の向上及び研究の支援
 (2) 本校の学生への奨学金等支援
 (3) 本校の学生・教職員の国際・文化・社会活動等支援
 (4) 構内の環境整備・美化の支援
 (5) その他基金の目的達成に必要な事業

 (運営費)
第4条 基金の運営は,基金に対する寄附金及びその果実,その他事業による収益等をもって充てる。

 (運営委員会)
第5条 基金に,管理運営に関する事項を審議,決定するため,秋田工業高等専門学校教育研究支援基金運営委員会(以下「委員会」という。)を置く。
2 委員会は,次の各号に掲げる事項を審議する。
 (1) 基金の事業計画に関すること。
 (2) 基金の予算・決算に関すること。
 (3) 基金の受入に関する審査及び受入の決定に関すること。
 (4) その他基金の運営に関すること。
3 委員は,本校教職員のうちから,委員長の指名に基づき,校長が委嘱する。
 (1) 副校長(総務担当)
 (2) 教務主事,学生主事,寮務主事,専攻科長及び地域共同テクノセンター長
 (3) 事務部長
 (4) 総務課長及び学生課長
 (5) その他校長が必要と認めた者
4 委員の任期は1年とし,再任を妨げないものとし,欠員を生じた場合の後任者の任期は,前任者の残任期間とする。
5 委員会に委員長を置き,副校長(総務担当)をもって充てるものとし,委員長は委員会を招集し,その議長となるものとする。また,副委員長は予め校長の了承を得て委員長が指名した委員とし,副委員長は委員長を補佐し,委員長に事故あるときはその職務を代行するものとする。
6 委員長が必要と認めるときは,委員以外の者を出席させて意見を求めることができる。
7 委員長は,委員会において審議された事項を統括し運営会議に附議するものとする。

 (基金の管理)
第6条 基金は,この要項及び秋田工業高等専門学校寄附金事務取扱規則により管理するものとする。

 (事業年度)
第7条 基金の事業年度は,毎年4月1日に始まり,翌年3月31日に終わるものとする。

 (事務局)
第8条 基金に,事務局を置く。
2 事務局に関する庶務は,企画室において処理する。

 (その他)
第9条 この要項に定めるもののほか,基金の運営に関し必要な事項は,別に定める。

   附 則
1 この要項は,平成21年4月1日から施行する。
2 秋田工業高等専門学校教育研究支援基金要項(平成19年4月1日制定)は,廃止する。

   附 則
この要項は,平成28年4月1日から施行する。



支援基金のご案内 / 支援基金要項 / 寄附金申込書 [PDF]