秋田工業高等専門学校 秋田工業高等専門学校
秋田工業高等専門学校
前のページに戻る TOPページへ戻る 秋田工業高等専門学校
|掲載日 2015/09/17|掲載内容有効期限 ----/--/--|担当者 総務課人事係|
どのような点に気をつければよいのでしょうか?

「セクハラへの取り組み」TOPページへ



セクシュアル・ハラスメントをしないように気をつけることは?

1. セクシュアル・ハラスメントに当たるかどうかは,受け手の判断が重要です。
2. 受け手が嫌がっていることが判ったら決して繰り返さないことが大切です。
3. 不快な性的な言動であるか否かについて,いつも明確に意思表示がある
 (嫌だと否定する)とは限りません。

 セクシュアル・ハラスメントの態様等によっては,職員の場合は信用失墜行為, 国民全体の奉仕者たるに
ふさわしくない非行等に該当し,学生では,性行不良で 改善の見込みのないと認められる者等,高専の秩序
を乱し学生としての本分に著しく 反したものとして,懲戒処分に付されることもあります。


良好な勤務・修学環境を確保するため,気をつけることは?

1. 高専内でのセクシュアル・ハラスメントについて,問題提起する者をトラブル   メーカーと見たり,
  セクシュアル・ハラスメントに関する問題を当事者間の個人的な問題として片づけないことです。
2. セクシュアル・ハラスメントに関する問題の被害者や加害者を出さないように,周囲に対する気配り
   をし,友人または同僚として注意するなど,必要な行動をとるようにしましょう。


セクシュアル・ハラスメントの被害を深刻にしないためには?

1. セクシュアル・ハラスメントを無視したり,受け流ししているだけでは必ずしも状況は改善されません。
  嫌なことは相手に対してはっきりと拒否の意思を伝える
  ことが望まれます。
2. 信頼できる人に相談してみましょう。一人で我慢しないで,まず身近な人に相談することが大切です。




前のページへ  /  次のページへ